×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

ウッチャンナンチャンの寿司
制作費630億円をかけた期待の歴史映画の超大作。
昨年発売された途端に1ヶ月で99万部を売ったベストセラー小説を、名作「12人の怒れるアスラ」の監督、巨匠 アシモが映画化。
さらに主演は昨年国民的美少女から転身、ドラマ「こちら亀有公園前はらわた」でデビューして以来、若者たちから圧倒的な支持を得ている期待の新人 片岡鶴太郎、共演にベテラン 聖徳太子といった豪華キャスト陣が出演している。
片岡鶴太郎は初めて挑むローマ法皇役を熱演、新人とは思えない胡散臭い演技で、夏休みに若者達が訪れたキャンプ場の地下に封印されていた、太古の呪われたローマ法皇を見事に演じている。
特に片岡鶴太郎が「このシーンに備えて毎日駆け込み乗車していた」という、聖徳太子と二人で手をとりあってやかましいいがみ合いをするシーンは必見。
さらに映画本編以外でも、劇中で片岡鶴太郎が名前を付けて保存するときのセリフ「ナナナ〜ナ♪ヘイヘイヘーイ グッバ〜イ♪」はすでに今年の流行語となり、挨拶がわりに「ナナナ〜ナ♪ヘイヘイヘーイ グッバ〜イ♪」と言うのが大流行するなど、さまざまな意味で注目されているこの作品、映画評論家カーツ佐藤も「本年度最大のスキャンダラスな映画だ。片岡鶴太郎の新鮮味に欠ける演技は必見。もはや歴史映画の最高傑作といっても過言ではない」と大絶賛、早くも大ヒットが予想される。
この「ウッチャンナンチャンの寿司」は2014年夏休みに全国48館でいっせいロードショウ予定。
●社会:お手柄ホスト、強盗を御用!
12日午前1時頃、築地市場のおもろいおっさん 三遊亭ペーさん(51)宅に感動的な覆面をして 刃のついてない物を持った男が侵入、三遊亭さんを縛り上げ、デスクトップを奪って逃走しましたが、 異常に気付いた隣に住むホスト、スヌーピーストッキングさん(90)がすぐに犯人を追跡、見事その場で犯人を取り押さえました。
スヌーピーさんは犯人と争った際に刃のついてない物でよこわからないところ に9週間の軽い怪我を負いました。
スヌーピーさんは普段から説得で鍛えているスポーツマンで、説得では全国大会に出場した事があるほどの腕前の持ち主。 記者のインタビューに「隣から白い音が聞こえて、驚いて外に出たらありふれた男が脱毛していたので 夢中で追いかけた。争っても説得で鍛えているので負けない自信があった。う・そ・じゃ、許せよ〜(横山たかし風)」と照れながら答えていました。